石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2016.12.07
大雪の朝
テーマ:境内

%e5%a4%a7%e9%9b%aa%e3%81%ae%e6%9c%9dさすがに「大雪(たいせつ)」の朝はすっかり冷え込んで、当地の朝の気温は1℃と今冬一番の冷えとなりました。

この頃から北の地は北風も強くなって、雪の降る日が多くなるので、二十四節気でこう読み慣わしています。

放射冷却と言うのでしょうか、拝殿のお屋根は霜が降りて真っ白となり、見た目は実に清々しい有り様ですが、か弱い身には骨に沁みる寒

さです。

いよいよ冬将軍に対処する心身の準備を本格的に始めないといけません。

老婆心ながらくれぐれも家の中では、寒・熱の大きな温度差には注意が必要です。

2016.12.04
冬日向(ふゆひなた)
テーマ:境内

%e5%86%ac%e6%97%a5%e5%90%91我々人間は押し並べて冬ともなれば感覚的に、日々の日差しは弱く鈍くなっていると見ていますが、動物はそうではなくて極めて敏感に身

辺に届く光の違いを感じ取っているみたいです。

晴天ともなれば斎庭に一条の光が間違いなく射し込んできますが、ニワトリたちは毎回ではなくて、ある日に限って陽の光たる所にそれぞ

れのグループが集まって、気持ち良さそうに羽繕いと言うか、グルーミングをするのです。

それはいかにも冬日向を楽しんでいるようで、見ていて飽きないものがあります。

ニワトリ君は差し込む光の強弱について、漂う空気や温湿度など、人間の感覚では計り得ない察知能力が備わっているのですね。

思わずとりさんバンザイとつぶやきました。

2016.12.02
檜は火の木
テーマ:境内

%e6%aa%9c%e3%81%af%e7%81%ab%e3%81%ae%e6%9c%a8来る8日には一年間の願いが込められた「願串(ねがいぐし)」が焚き上げられるお火焚き祭(おひたきさい)が行なわれます。

これの火床に用いられているのは檜で、パチパチと軽快な音と共に天上に舞い上がっていきます。

檜は日本特産種で加工がしやすいこともあり、古く「日本書紀」にも宮を造るのに良い木とされており、大正2年に竣功した当宮の本殿は

台湾檜が用いられています。

檜は古代この木をこすり合わせて、火を作った火の木の意から命名されました。

樹皮は檜皮葺(ひわだぶき)となり、葉から出る精油は香料や溶剤になっており、香りのもとはヒノキチオールという成分で、強い抗菌性が

あります。

新築の総檜造りの家には2・3年は蚊などが入ってこないと言われており、更にストレスを緩和させる作用があります。

我が家では毎日ストレス発散に檜風呂を楽しんでいます。(残念ながら入浴剤で)

2016.11.29
日増しに人気上昇中
テーマ:境内

%e6%97%a5%e5%a2%97%e3%81%97%e3%81%ab%e4%ba%ba%e6%b0%97%e4%b8%8a%e6%98%87%e4%b8%ad来年が酉年となる事より、近頃は立派なカメラを持った人たちが真剣な眼差しでニワトリを追っています。

お尋ねしてみると大方の皆さんは自分の年賀状にするとのことで、熱心に名(迷)カットを撮影中。

とりは古く『万葉集』にも数多く登場し、「にわとり」は庭にいる鳥で鶏、「おほとり」は大きな鳥で鶴や鷲など、「みづとり」は水に遊

ぶ鳥、「はなちとり」は放し飼いの小鳥、「かけ」は鶏で「かけろ」と鳴く声に由来するなど、枚挙に遑がない。

我々にすごく身近な動物ですが、野生なので決して懐くことはなく、なかなかイメージのお好みのポーズは取ってくれないので、ひたすら

忍耐が必要です。

とりあえず好物持参が有効な手段かもしれません。

2016.11.25
散り敷く銀杏(いちょう)
テーマ:境内

%e6%95%a3%e3%82%8a%e6%95%b7%e3%81%8f%e9%8a%80%e6%9d%8f拝殿の東側に樹齢300年以上と言われる銀杏の木が立っています。

毎年秋の終わり頃になると、ギンナンの実とともに黄落して、周辺は黄色一色の世界となります。

銀杏は古くから社寺に植えられており、大木となって有名なものもあり、この時期はその色が目立って存在感を雄示しています。

原産地は中国とされており、仏教の伝来とともに持ち込まれたとのことで、社寺にある所以に納得できます。

非常に生命力のある樹木で、強剪定を受けても、4・5年するともとの樹勢となるほど元気で、実のギンナンは特に栄養価が高く、生活習

慣病の予防、脳の活性化、更にありがたいことにボケの予防にも良いそうです。

大人は1日10個が限度らしく、予防にいいと欲張って食べると銀杏だけに胃腸の消化不良になるそうですよ。

カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の記事一覧
カテゴリー