石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.07.09
蛍袋仄かに(ほたるぶくろほのかに)
テーマ:境内

 

境内周辺、山の辺の道沿いの少々山あいの所には、今頃になると蛍袋の花が咲いています。

蛍袋と言うので、最近まで飛んでいた蛍を入れたりするところからの命名と思いきや、下垂している様子が提灯に似ていて、火垂る(ほた

る)ことより名づけられたそうです。

花の色は地域により、紅紫色から白色まであり、当地のものは少々田舎色をしていて、紫がかっています。

いろいろな別名があり、釣鐘草(つりがねそう)・提灯花(ちょうちんばな)・風鈴草(ふうりんそう)などと、花の形に似てどれも風雅な名前

となっています。

薄暮の頃、道に咲いている姿を見つけると、花が気を遣って行先を少々明るくしてくれているようで、やはり名の通り雅趣に富んでいま

す。