石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.08.19
偲ばるる蝉の声
テーマ:境内

 

近年夏の暑さが高温になったせいか、蝉も大形のそれが多くなり、ひ弱な小形の蝉が少なくなったと聞く。

特に都市部では顕著とのことで、公園で鳴いているのは日本の蝉類中では最大となる熊蝉がほとんどで、「シャアシャア」とその声も大き

い。

子供の頃の当地では初夏より晩夏に至る蝉の順番が決まっていて、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ

の順で、中間の一ヶ月程の朝夕はヒグラシが「かなかな」と高く美しい声で鳴くことになっていた。

毎年夏休みの終りに聞くツクツクボウシはまだ終っていない宿題をせき立てられているようで、今も聞けば胃が痛む。

小形のニイニイゼミの声を最近聞かないので、やはり環境の悪化を心配する。

『万葉集』には三首詠われていて、二首はヒグラシ、一首は種類不明となっている。

不明の一首(3617番)の歌は、安芸国長門島(あきのくにながとのしま)で停泊中に詠まれたもので、蝉の声を聞くと平安京のみやこが恋

しく思われるとあって、やはりこの情緒に答えられるのはヒグラシと思われる。

夕暮れに社務所から遠くで響くヒグラシは今も恋しい思いにさせられるものです。