石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.08.30
稲の花こぼれる
テーマ:境内

 

来る9月1日は雑節の一つ、二百十日で立春から210日目の日で、ちょうど稲の開花期に当たります。

この頃はよく台風の来襲する時期で、二百二十日とともに注意を要することより、渋川春海が暦に初めてとり入れたと言われています。

当地では数日前より青々と成長した稲の穂から白い花が顔をのぞかせ開花が始まっています。

昼頃に30度を越え、空気が乾燥してくると咲き始めるらしく、中から出てくるのが雄しべで、中に雌しべがあり、効率良く自家受粉して

結実します。

それでも驚くことにその花粉の寿命は2、3分しかないそうです。

日本で本格的な水稲耕作が始まった弥生時代は田の大きさの一辺が3~4メートルで形も地形にあわせてまちまちで、今で言う千枚田のよ

うでした。

これが今のように広い大きな田に比べると手間がかからず、短い期間ででき、しかも水の管理が容易で、たいへん効率的であったと言われ

ています。

技術の進む社会の中で、ヒト中心とキカイ中心の二つのやり方について一考してしまいます。