石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.11.05
怒っているのん?
テーマ:境内

 

日ごとに秋めいて、境内の各所にある落葉樹はその樹木ごとに、紅葉あるいは黄葉して、微かなそよぎに一葉、また一葉ハラハラと舞い

散っていきます。

よく見ると黄色で散るもの、紅くなって落ちるもの集中的に散る期間も微妙に違いがあって、木々によって異なっています。

桜、柿、樫、椎、楠、紅葉などなど時期はズレていて、その中に病葉(わくらば)が混ざっています。

中には落ちて、こちらを睨み付けるように怒っているらしき葉もあって、思わず手に取ってまじまじと表側、裏側と見てしまいます。

よほど虫に喰われたことに腹立っているのでしょうか。葉にも木にもストレスがあるのかも。

きっとのほほんと笑っているものもあると思うので、次回は笑っている葉っぱちゃんを見つけることにします。