石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.11.29
紅葉は見頃です
テーマ:境内

 

境内のモミジの葉が日に日に色づいて、これからの一週間ほどが最も美しい時期と思われます。

春の桜もそうですが、満開を正確に把握することは難しく、何事も物事の頂点・絶頂をリアルタイムで正しく認識することほど難しいこと

はありません。ほとんどの場合結果的にわかることになります。

秋のこの紅葉を掌る神様は古くより竜田姫(たつたひめ)と言われ、錦秋の草木を染め抜く女神となっています。

竜田姫は大和の竜田という所にまつられていて、大和盆地に吹き込む暴風は西の方から吹きつけることより、その竜田の地には風の神をま

つることが、『日本書紀』天武天皇のところにも出ています。

竜田山は平城京の西方にあり、当時流行した五行説では、方位西の時季は秋が当てられ、秋を支配する神とされています。

春の野山を彩るのも女神で、どちらの神様も未だにご尊顔は拝していませんが、美しい景色を織り成すことより、きっと相当に美しい御方

と拝察申し上げています。

カレンダー
2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の記事一覧
カテゴリー