石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.12.06
天の香り?
テーマ:境内

拝殿の東方にある高さ30メートルを越す大イチョウはその黄葉が数日前から見頃をむかえていましたが、一瞬のうちにそのほとんどが落

ち、今朝は上方の四方八方に伸びる細枝に数えることができる程にしか残っていません。

昨夜半に強い木枯しが吹いたのですね。

風にふかれ、枝から飛び出した葉はそれぞれ思い思いに舞い散って、その太い根元を覆い尽くすように積み重なっています。

やがて冷たい雨が降り、更に霰ふり霜降って、茶色くやがて土に還ってゆくのでしょう。

その情景を想像するだけで、落莫(らくばく)、寂寞(せきばく)の感強いものがあります。(詩人やねェ)

ギンナンも全て落ちたようで周辺には独特の香りが漂っています。

ひょっとしてこの香りは天の匂いなのでしょうか。

カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事一覧
カテゴリー