石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.01.07
力作展示中
テーマ:境内

 

新春の4、5日の両日にわたり、県内外の幼児から大人まで、決められた課題を清書する「石上神宮奉納書初大会」がありました。

翌6日には審査があり、本日より27日(土)まで廻廊において、特別賞・特選・準特選・入選とその力作が展示されています。

書初とはそもそも正月2日に若水をくんで、その年の恵方(えほう)今年は南南東に向って、毛筆でおめでたい文字を書く、これを小正月

(15日)まで家の長押(なげし)などに貼っておいて、とんどの火で焼き上げる。その燃えかけの紙が高く空中に上がると、手があがると

言って、家が上手になるとして喜んだ習慣がありました。(おぬし手をあげたなあ、などと)

当時は年初の公家、武家、社会の儀礼として重んじられていました。

一陽来福の吉書始(きっしょはじめ)とも言われていました。

27日まで労作が展示されていますので、皆様も年初に当り、心静かに吉い家を認(したた)めてみてはいかがですか。

カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事一覧
カテゴリー