石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.01.14
明日はとんど
テーマ:境内

近辺の氏子地域では先週の日曜日にそれぞれの村の公園あるいは路辺で実施されていた所が多いようです。

当神宮においては、曜日に関わらず毎年15日に決めて執行しており、正月飾り、注連縄などが小山のように積み上げられています。

拝殿にて午前9時から15日の月次祭が行なわれ、続いて出雲建雄神社(いずもたけおじんじゃ)の例祭があり、10時過ぎから古神符焼納

祭となります。

民俗行事として、村々にて一定の場所に注連縄などを積み上げて焼き上げることは、平安時代の記録にあり正月15日また18日に「三毬

杖(さぎちょう)」、「左義長」などと呼ばれ、全国で行われています。

この火にあたると健康で過ごせるとか、餅や団子をこの火で焼いて食べると病気にかからないと言われていますので、どうぞお越し下さい。

カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事一覧
カテゴリー