石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.03.03
風光る
テーマ:境内

 

麗らかな春の日射しの中、肌に優しい風が吹きわたると、なんだかより一層ものが明るく見えてくるのは春の響きのせいでしょうか。

風に揺らぐ風物の景は、まさしく命を新らしく蘇らせて、生々の気満ちてきているの実感します。

春の光をのせて参道を静かに吹きぬける風には、青春の薫りさえも漂ってきたりもします。

境内の野山には春を待つふきのとうやタンポポや土筆も光る風を喜んでいるに違いありません。

一本の土筆に心はづむかな(山口誠子)

カレンダー
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の記事一覧
カテゴリー