石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.04.13
銀杏若葉
テーマ:境内

 

今境内はみずみずしい新葉に包まれ、日の光を受けてそれぞれの木が、それぞれの緑の色合いを主張しています。

楓若葉、柿若葉、樫若葉、樟若葉と続き、しんがりに大銀杏の若葉となります。

高さ30メートルを越える大銀杏が一気に全身から噴き出すように清新な葉を刻々と装着、みるみる鮮緑に身を粧(めか)していきます。

朝と夕方では一目瞭然の緑色化で、間もなく太い幹も緑に覆い隠されてしまうことになります。

それぞれに名のりて出づる若葉かな 千代女

カレンダー
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事一覧
カテゴリー