石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.05.02
みどりの風
テーマ:境内

 

国宝の拝殿の床がこの時期、緑色に染まります。

新樹が朝の輝く光を受け、風がそれを運んでくるのか、普段はうす暗いのであまり色を意識することはない中、見事に床が緑を発色して、

まさに新樹光と言ったところです。

毎早朝、熱心に神職が拭きそうじをしていることもあり、ピカピカの鏡面の如く、ミラー効果で、風もすべって行きます。

今また万緑の衣裳をまとった風が朝影の中を吹き抜けて行きました。