石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.05.15
定家葛の花(ていかかずらのはな)
テーマ:境内

この時期、境内では上方で木にからみついて、5つに分かれプロペラ状の白い花を数多く咲かせ、遠目に見ると白いかたまりに見える正

体は、定家葛の花です。

古くは真拆(柾木)の葛(まさきのかずら)と呼ばれ、神事に多く用いられていて、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が天岩戸(あめのいわと)

の前で踊った時、頭髪の飾りにしたのが、まさきのかずらであると言われていて、『万葉集』にも出てきます。

平安時代の歌に盛んに用いられていて、『古今集』巻20、神遊びの歌に「深山にあられ降るらし 外山なるまさきのかづら色づきにけ

り」とあって、秋に葉はツヤのある赤色となります。

花はすごくいい香りがするそうですが、高所にあるのでどのような香りなのか不明。

この花はやがて実になりますが、その形がなんと細長くて20センチ程の丸い箸状で、想像を越えるその形の変身ぶりに妙な感動がありま

す。

これもやがて11月頃にはサヤが裂けて、その中から長い白毛のある種が飛んでいるのを見つけると、かなり変貌した定家さんに三度の妙

な感動が起こります。

カレンダー
2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事一覧
カテゴリー