石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.08.04
火星の大接近らしす
テーマ:境内

 

数日前から地球と火星が大接近しているという報道が喧(かまびす)しいので、この目で確かめようと、日が落ちて周りがすっかり黒くなる

のを待って、超望遠レンズをひっぱり出して、どれどれ南東の空を覗いて見ると、紛(まが)う方(かた)ない赤く輝く星がありました。

なるほど夜空に星はあまた輝やいていて、どれも概ね白っぽい色合いですが、その中で一際(ひときわ)燃えるように赤い色をしている星が

火星ということで、その名前の由来に思わず膝を打った次第。

15年ぶりの大接近で、お正月の頃より50倍を超える明るさだとか。

次回の大接近は17年後らしい、たぶん見られないと思うので今のうちにしっかり赤い星を見ておこーっと。

カレンダー
2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の記事一覧
カテゴリー