石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.09.15
つき草に衣染める
テーマ:境内

 

朝夕は少々涼しくなって来て、境内周辺の路辺に咲く露草の青い花色がいよいよ冴えてきました。

万葉の時代からすでにあって、当時は「つきくさ」と言い、「月草」「鴨頭草」の字があてられています。

花の色が着いて染色に用いられることから、「つきくさ」と名付けられ、花を集めその色を和紙にしみこませて藍紙を作り、模様の下絵に

使用し、染めつけた後は、水洗いをすると下絵は完全に消えてしまうと言うもので、現在までこれに代るものはないとのこと。

『万葉集』に9首詠まれていて、色がすぐに変るので、恋心のさめやすいたとえとして6首、花が朝開き昼には萎れる命短い一日花より

はかなく消える運命になぞらえた歌が3首あります。

「月草に衣そ染むる君がため まだらの衣摺らむと思ひて」(巻7-1255)・・・露草で衣を摺り染めにします。

あなたに似合う色模様の美しい衣を作ろうと思います。作者は不詳ですが、絶対に美しい人に違いありません。

つきくさのたとえのように恋心冷めやすいとかはかない恋、命など、なぜか心動くものがあって、憧れてしまうのです。

カレンダー
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の記事一覧
カテゴリー