石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.09.22
月見る月
テーマ:境内

 

来る24日は旧暦8月15日で仲秋の名月の日となります。

1年は四季に分けられ、各季は3ヶ月で、旧暦では第1月は孟、第2月は仲、第3月は季という字をあてて、月名を表わしています。なの

で秋は孟秋(7月)、仲秋(8月)、季秋(9月)となります。

旧暦は月の満ち欠けを基準に作られているので、仲秋の名月と後の月の九月十三夜は新暦では月とリンクしていないので、うまくいかない

ことになります。

今頃は月の出没時刻は毎日おおよそ60分ずつ遅れてきて、日没後ほどなくまん丸のお月さんが昇ってきます。(但し、日本でのこと)

ちょうど例年は暑からず寒からずで、野辺には秋草が咲きほこり、虫の音が競い合って四辺は風情にあふれ、見上げる空は清く高く澄ん

で、皎々と満ち満ちた月が楽しめるものです。

今年はと言うと、どうも予報は悲観的で無月となりそうなので、後の月見の10月21日に期待したいものです。

「月々に月見る月は多かれど 月見る月はこの月の月」とはいかないので、後の十三夜になりそうです。(ツキがないねぇ。)