石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.09.24
言霊の幸わう国(ことだまのさきわうくに)
テーマ:境内

 

朝拝は祭典など特別な神事がなければ、毎朝8時30分から拝殿にて毎日行なっています。

予約なしの飛び入りも大歓迎で、何人かの人の参加があり、お祓を受けて「大祓詞(おおはらえのことば)」など、全員で奏上します。

大祓詞は大変古く、たぶん飛鳥・藤原京の時代よりお祓いのために読みあげていた言葉で、当時とほぼ同文のこれを奏上していると、これ

らの言葉にはある種の不思議な力があるように思えてきます。

古代の人の感覚としてはもっと鋭く認識していたようで、美しい心から出てくる正しい言葉は良い結果をもたらすと考えていて、乱れた

心から出るデリカシーのない言葉はめぐり巡って、災いを招くと信じていました。

『万葉集』の柿本人麻呂の歌に、「しき島のやまとの国は 言霊(ことだま)の幸(さち)わう国ぞ ま幸(さき)くありこそ」(3-3254)

とあって、この日本の国は言葉の持つ霊的・不思議な力によって幸せになっている国だ。これからも平穏でありますようにと詠っていま

す。

今も結婚式のスピーチでは末永い幸せを願い、「別れる」「割れる」「切れる」などは用いず、最後は「終わる」「閉じる」をきらい、

「お開き」と言っています。言葉のおよぼすある種の力を意識しているのです。

最近はと言うと、SNSなどでの誹謗・中傷、言いたい放題のネットいじめ、ヘイトスピーチ等々、乱暴な言葉で悲劇が起きています。

言葉は生きていて、広がっていくもので、ていねいな美しい言葉を使いたいものです。

けなすのは易しいことですが、損はしないのでほめてこそ自然と明るい楽しい世界が広がっていきますよ。