石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.11.04
初霜の朝
テーマ:境内

 

晴れ渡った夜は冷え込みがきつく、翌日の晴天が約束されていようものなら、たちまちに水蒸気が放射冷却で凍り、野原は一面真っ白にな

ります。

これはまだまだ先のことになりますが、先日初霜が降りました。

初霜は季節の推移を示すに相応しい現象で『万葉集』以来多くの詩歌に取り上げられています。

たしか江戸の歌集に霜は声を出すらしく、寒い朝には「しんしん」と言うらしい。

霜の声は大きいとやかましくて寝てられないので、きっと小さい声です。(でも決して他人には言わないように、)

やはり当地は風光明媚、無垢清浄の地にして、世間より冷え込みが厳しいと思われます。

 初霜の箒目渦の模様に 福原幸子

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事一覧
カテゴリー