石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.11.25
輝くゴールデンイエロー
テーマ:境内

 

境内の樹令300年とも言われる大銀杏の黄金色が今、ピークを迎えています。

更に午後からは西に傾いた晩秋の日の光を真正面に受けて、ますます黄金色が照り輝き、ゴールデンイエローの美しい色合いが目に眩しい

ばかりとなっています。

もう3日程すれば落葉がはじまりそう。

桜もそうですが、よくよく観察していると、最高の輝きを放つのはせいぜい3日ほどでしょうか。

もう2、3日待てば更に最高と思えるその日が、実は最高美しい瞬間なのかもしれません。

その見極めが難しいのが世の常で、いつも自然のなす謀り事に裏切られています。

西方2キロ(?)の天理駅の2階のプラットホームからこの時期限定で、このゴールデンイエローが見えるのです。

圧倒的周囲に輝きを放つこの美色を万人に見てもらえないのが誠に残念です。

カレンダー
2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事一覧
カテゴリー