石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2018.12.24
千年寿く(ちとせほく)
テーマ:境内

 

神宮外苑のすっかり葉を落とした桜の枝に一際(ひときわ)存在感を主張しているものがあります。

これのことは『万葉集』にも詠まれていて第4136番歌に「あしひきの山の木末(こぬれ)のほよ取りて かざしつらくは千年寿くとそ」

とあって、大伴家持が国庁で正月2日の新年の宴をした時に詠んだものです。

山の木々の梢の「ほよ」を取って、かざしにするのは皆がいついつまでも無事で栄えるようにと、千年の長寿を祝ってのことです、とある

「ほよ」で現代では「ヤドリギ」と呼ばれているものです。

ヤドリギは宿木と書き、木に宿る草木のことで、すっかり枯れたようになった落葉樹の中にあって、こんもり大きく緑色をしている姿を見

て、強い生命力のあるものと信じ、古来より身につけてその力をいただこうとしたものです。

ヨーロッパではクリスマスに家々で飾り、特に今でも部屋の入口につけて、やはり万葉集に詠われているように、吉兆延寿、延命長寿の力

の宿る木の力をいただこうとしています。

門松もそうですが、緑なす常緑樹を飾るのは神様をお招きするもの、つまりは神宿るものということです。

今日、明日はお約束のケーキもいいものですが、木々の緑もいいもので、お飾り下さい。