石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2019.01.14
古神符焼納祭(こしんぷしょうのうさい・とんど)
テーマ:境内

 

本日がいわゆる成人の日で、明日15日が当宮では大とんどの古神符焼納祭の日となっています。

今朝から大とんどの日の問い合わせがひっきりなしにありましたので念のため。

成人の日は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」という趣旨の国民の祝日で、20歳という決

まった歳の青年男女を対象としたものです。

たしか平成12年から1月15日が現行にかわりました。

成人の皆様にはお祝い申し上げます。

その決まった男女に対して、自治体などが行う成人式の日は日が一定ではなくて、第2月曜日と言う動く日になっているのは少々納得しが

たいものを感じます。

昔から1月15日は1月1日を大正月と言うのに対し、小正月と言われ、かつて農耕社会にあっては満月の日で(旧暦では15日はいつ

も)、望(ぼう)の正月と言い、この日は祖霊を迎えてその力をいただく大切な節目の日とされていました。

今でも地方では14日から16日にかけては重要な諸行事が行なわれています。

当神宮では古い伝統にたって、曜日に関係なく15日に固定して、大とんどをしています。

この火にあたると一年間風邪をひかず元気に過ごせるそうです。

どうぞ午前10時頃にはお越し下さい。