石上神宮フォトログ 山の辺の杜から
2017.08.19
偲ばるる蝉の声
テーマ:境内

 

近年夏の暑さが高温になったせいか、蝉も大形のそれが多くなり、ひ弱な小形の蝉が少なくなったと聞く。

特に都市部では顕著とのことで、公園で鳴いているのは日本の蝉類中では最大となる熊蝉がほとんどで、「シャアシャア」とその声も大き

い。

子供の頃の当地では初夏より晩夏に至る蝉の順番が決まっていて、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ

の順で、中間の一ヶ月程の朝夕はヒグラシが「かなかな」と高く美しい声で鳴くことになっていた。

毎年夏休みの終りに聞くツクツクボウシはまだ終っていない宿題をせき立てられているようで、今も聞けば胃が痛む。

小形のニイニイゼミの声を最近聞かないので、やはり環境の悪化を心配する。

『万葉集』には三首詠われていて、二首はヒグラシ、一首は種類不明となっている。

不明の一首(3617番)の歌は、安芸国長門島(あきのくにながとのしま)で停泊中に詠まれたもので、蝉の声を聞くと平安京のみやこが恋

しく思われるとあって、やはりこの情緒に答えられるのはヒグラシと思われる。

夕暮れに社務所から遠くで響くヒグラシは今も恋しい思いにさせられるものです。

2017.08.16
古色蒼然(こしょくそうぜん)
テーマ:境内

 

古色とは年を経た色、古びた様子を言い、蒼然とはあおいさま、薄暗いさま、古びて色あせたさまを言い、四字で古びた色合いがはっきり

と現れ、年代を経た趣が歴然としているようすを指す。

苔生し軒しのぶ茂る燈籠は江戸時代後期、文化十年(1813)と刻まれ、「常夜燈」と深彫りされている。

棟木に鎌倉時代後期となる文保二年(1318)の墨書銘を持つ楼門の前に一対で建っており、楼門の修理の記録は数多くはなく、或いは文

化十年にも修理が終って、記念に建てられたものかも知れない。

重層の二階部分の正面には、木額が掲げられていて、建物は古色蒼然としているが、「萬古猶新(ばんこなおあらたなり)」とあり、神様の

ご神威は永遠に生き生きとした力が働らいていらっしゃることを示しています。

何かしら古びてはいるものの、光る強い力を感じます。

2017.08.13
天理の七夕・2017
テーマ:境内

 

「石上神宮の七夕」のお祭りなどメイン行事は11日に多くの皆様の参加があり、盛大に行なわれました。

今は暗くなる午後7時から、参道に趣向の凝らされた七夕竹アートが輝いています。

竹で編まられた球体状のものが頭上高く吊り下げられて、参道は心ひかれる賑やかな色とりどりの夜色となっています。

17日まで毎夜午後9時30分頃まで点灯していますので、どうぞお越し下さい。

暑さを忘れて、涼しい気分になるかも。

 

2017.08.11
星降る夜の音楽会
テーマ:境内

 

山の日の祝日となる本日の午後は、境内にて楽しい催し物が数多く予定されています。

午後3時より、七夕宝剣祭と銘打って縁日コーナーがオープンします。

スーパーボウル・輪投げ・あてもの・射的などちょっとレトロ風なもの、フードコーナーには中華・フランクフルト・牛タン・焼きそば・

かき氷・綿菓子もあります。

午後7時からは、拝殿にて七夕祭、神楽も奏されます。

午後8時からは、境内の特設会場にて「星降る夜の音楽会」がライトアップの中で行われます。

マーチングバンドのドラム演奏・シティオーケストラ演奏・雅楽部の朗詠など、最後に出演者全員による和洋を取り込んだ見事な合同演奏

があります。

みんなの願いの短冊が結ばれた大きな七夕笹が揺れるなか、周辺一帯は竹のアートがライトアップされ、幻想的な空間の中に幽玄の世界が

広がります。

どうぞお越しください。

なお七夕竹アートのライトアップは8月17日までの午後7時から午後9時30分までやっています。

光のアートをお楽しみください。

2017.08.08
科戸の風(しなとのかぜ)
テーマ:境内

 

記録的な息の長い台風5号はその勢力が衰えないまま、昨午後和歌山県北部に上陸し、夕刻には当地付近を通過、一時的に強い風と激しい

雨となり、参道などは川のように流れていました。

幸いに長くは続かなかったので、大きな被害はなく、地域によって相当の被害が報じられ、心よりお見舞を申し上げます。

日本人は縄文時代以来、自然との共生のうちに、温和な気候や四季移りゆく自然に対して感謝と共に、さまざまな物をも破壊し、生命をも

脅(おびや)かす「なにものか(サムシング・グレイト)」に畏怖の念をいだき、「かみ」として恐れ慎んできました。

殊に風に対しては、こまやかな感覚で数えきれないほどの言葉で、豊かに表現してきました。

神話の世界では、風をつかさどる神は「級長津彦神(しなつひこのかみ)」で、竜田の風神と同神とされ、大祓詞(おおはらえのことば)には

「科戸(しなと)の風」とあって、大きな戸口から吹いてくると捉えています。

稲の開花期に当る二百十日を控えてこの時期はどうか小さな戸口からころあいの風をお願いしたいと風の神に祈るのみです。