最新のお知らせ

山辺の道周辺ガイドの、「季節の風景写真」を更新しました。

ぜひご覧ください。
⇒山辺の道周辺ガイド
2012.01.10お知らせ廻廊で書初大会の作品展示

特別賞受賞者(改).jpg 第60回の記念となる石上神宮奉納書初大会の審査が終り、特別賞をはじめとする入選作品が廻廊で展示されています。

優秀作品は廻廊に掲示され、入選作品は廻廊で見られるように綴ってあります。

なお、表彰式は1月28日(土)午後2時からですので、どうぞご参加下さい。

特別賞の受賞者は左記の通りです。

2012.01.06お知らせ奉納書初大会が行われました

書初大会風景.jpg
1月4・5日の2日間にわたって、境内で奉納書初大会が開催されました。
小学生を中心に中・高生、大学、一般とあり、多くの参加があり、本日審査が行われました。

明日より、優秀作品はじめそれぞれの作品が廻廊にて28日まで展示されます。どうぞ楽しみに起こし下さい。
なお、作品多数のため、審査結果についての電話での対応はできかねます。ご了承下さい。

2011.12.30お知らせ新春の行事

H24新年授与品.jpg
元旦、午前零時とともに拝殿にて、新しい年を開く初太鼓を打ちます。これを合図に重要文化財の楼門が開かれ、同時に神火祭を斎行します。                                                      この神火をもって参道に設けられた大篝火(おおかがりび)に点火します。            楼門の開門と同時に新しい年を寿ぎ、先着1,000名の初詣の皆様に破魔矢と長寿箸が授与されます。楽しみにお越し下さい。                                             なお、授与所では新春の幸せを祈る御神札・御守・稲宝来(いなほうらい)・御神矢・干支の御守・新年縁起物など授与しています。

2011.12.29お知らせ初詣バスのご案内

天理駅より当神宮への初詣臨時バスが運行されますので、お知らせします。正月臨時バス.jpg

 

2011.12.28お知らせ厄除祈祷のご案内

H24厄年表.jpg
厄年を迎えた人は、神様の御守護を頂いて災厄が身に及ばないよう、神社に参拝して厄祓を受けるのが古くからの慣わしです。
                                          厄祓の時期は、お正月から節分前後が多く、最近では誕生日近くに受けられる方もおられます。
郵送・FAXにても受付け致しておりますのでお申し出ください。
            FAX 0743(63)3124

◎厄除祈祷料 一金 5,000円より御志納
                     

平成24年が厄年にあたる方は左記の表の通りです。

2011.12.26お知らせ第60回記念の書初大会開催要項

書初大会(ver2).jpg第60回目となる記念の書初大会を開催します。
1月4・5日の2日間ありますので、奮って参加下さい。開催要項は左記の通りです。

2011.12.01今月のお祭り今月のお祭りページを更新しました

今月のお祭りページを更新しました。

【12月のお祭り】
1日  月次祭(つきなみさい)
8日  お火焚祭(おひたきさい)
15日  月次祭(つきなみさい)
中旬  煤払祭(すすはらいさい)
23日  天長祭(てんちょうさい)
31日  神庫祭(しんこさい)
31日  大祓式(おおはらえしき)
31日  除夜祭(じょやさい)

詳しくはこちらをご覧ください。  ⇒今月・来月のお祭り

2011.12.01お知らせ平成24年の「布留明神暦」

布留明神暦.jpg来年の「布留明神暦」が出来上がりました。大安・仏滅などの六曜や運気、恵方(あき方)など12月までの一年間の運気をはじめ、諸暦要素が記されています。(初穂料200円)

2011.12.01お知らせ「開運玉の緒」お守りのご案内

玉の緒守.jpg当神宮の御祭神のお力により、身についた邪気や悪い気、穢(けがれ)を祓(はら)って、清められた活力ある命を自身に強く結び留めて、大神様のご守護をいただくお守りです。
二月二日の「玉の緒祭」にて、お申込の皆様の一年間の無病息災、開運厄除を祈願して、そのあとお送りいたします。
お申込は、住所・氏名・年齢(数え年)を書いて、お送り下さい。(初穂料1体500円)


境内MAP 石上神宮の歩き方 石上神宮フォトログ「山の辺の杜から」 山の辺の道 周辺ガイド&花ごよみ
神話にみる石上神宮
神話にみる石上神宮