English

石上神宮[いそのかみじんぐう]公式サイト

神話にみる石上神宮の神様

石上神宮は、第10代崇神天皇の御世に創祀された古社で、主祭神として、次の三柱の神様をお祀りしています。

布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)

神武天皇の国土平定に偉功をたてられた韴霊(ふつのみたま)の剣(平国之剣・くにむけのつるぎ)とその霊威
詳細ページへ

布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)

鎮魂にかかわる天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)とその霊威
詳細ページへ

布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)

須佐之男命(すさのおのみこと)が八俣大蛇(やまたのおろち)を退治された十握剣(とつかのつるぎ)とその霊威
詳細ページへ

この三柱の神様について、わかりやすい文章と美しいイラストで紹介します。なお、三柱の神様の物語、また神名の表記については、『古事記』『日本書紀』『古語拾遺』『先代旧事本紀』等の各書より引用し、構成しています。

●制作:武智 功  ●監修:石上神宮